IT分野でフリーランスとして仕事をこなしていく上で、取引相手となるのは当然ながらIT企業が多い。
仕事の依頼を受けて、契約に基づいて仕事をこなすことになる。
その場合に交わされるのが、契約書である。

仕事の内容について規定し、報酬や責任の所在など、各種の事項などについて定めている。こうした書類を作成する事は、後のトラブルを避けるためには重要である。
しかし、頻繁に取引がある会社とは、つい口約束だけでも仕事を引き受けがちである。その結果、契約上の問題に発展することが多い。
そうなると、トラブルの深刻度によっては、裁判で決着をつけなければならない事態にも陥る。

こうした契約にまつわる重大な問題を避けるためにも、契約書を交わすことに常に意識しておくべきである。
また、契約内容に不備がないかについて、気配りすることが必要である。
契約内容の書面に見落としがあると、そこから問題が生じる可能性が高くなる。

確実な契約書を作成するためのコツとして採用できるのは、広く利用されている実績がある書式を採用するという手がある。
一般的によく用いられている書式を採用すれば、見落としがちな箇所を確実にカバーすることができる。
また、良く知られた書面の書式であれば、クライアントとなる会社もその契約書を理解しやすい。
フリーランスとして責任ある仕事をこなすためにも、契約書の重要性について認識し、怠らずに作成や保管を心がけておくべきである。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>